旅行気分で行く免許合宿

教習所で取得するか、免許合宿取得かそれぞれのメリット、デメリットを考えてみましょう。まず、大きな違いが自宅から通うか、合宿に泊まり込んで取得するかで変わります。自宅から通えば自分の都合で講習時間を選ぶことができるので、働きながら、学校に行きながら取得することが可能です。ただし、それなりに長い期間が必要になります。免許合宿の場合最短なら2週間程度で取得することができます。ただし、その期間拘束されてしまうので、ある程度時間の自由が利かなければいけません。どちらを選ぶかは時間が取れるかどうかになります。

料金の違いはどうでしょうか。教習所の場合平均してMT免許で30万円前後、AT免許で28万円前後です。免許合宿の場合は平均してMT免許が23万円前後、AT免許で20万円前後です。圧倒的に免許合宿の方が安く済みます。MT免許とはマニュアル・オートマチック車の両方が運転可能で、AT免許はオートマチック車しか運転できません。時間の融通が利き、料金を安く済ませたいならば免許合宿での取得でしょう。

免許合宿は名前のとおり、泊まり込んで免許を取得する方法です。現地集合が基本的なので、旅先で免許を取る感覚が楽しめます。最低でも2週間は同じ宿舎で寝泊まりするので、ほかにどんな参加者がいるのか不安に思われる方もいるかもしれません。しかし、最近では女性限定の免許合宿も開催されています。リゾート気分が味わえるものも多くあり、一緒に現地の空気を楽しみながら過ごすうちに仲良くなれるため、心配はいらないでしょう。