女性向きの免許合宿

今では、女性同士でも気軽に参加できる免許合宿が増えています。もともと女性の参加率はあまり高くなく、男女比も2:1くらいでした。女性が免許合宿を利用する場合、1番不安に思うのが不特定多数の人と寝起きを共にすることでしょう。しかし、女性だけの合宿免許を行ったり、男女一緒でも宿泊施設が別だったり、宿舎が同じでもエリアや休憩所を分けるなど、教習所でも気をつかってくれるため心配はいりません。逆に、新しい友人ができ楽しく過ごすことができるはずです。

バイキング最近では女性にも人気が出てきた免許合宿。主催者も利用してもらうために、さまざまなサービスを行っています。
女性同士のグループで参加し、自炊で料金を安く済ませるプラン。食事もグルメバイキングを用意し、岩盤浴やプチ観光が楽しめるプラン。南欧風のコテージに寝泊まりし、食事が3食とも1流ホテル出身のコックが作ったものが食べられるプランなど、今まで考えられなかった贅沢が味わえます。
食事や娯楽も楽しめ、ちょっとした旅行気分の免許合宿も増えているのです。

時間の融通が利けば短期間で取得できるうえ、料金も安く済む免許合宿はおススメです。旅行好きな方や、新しい友人に出会いたいという方は、女性限定の免許合宿に参加してみてはいかがでしょうか。

旅行気分で行く免許合宿

教習所で取得するか、免許合宿取得かそれぞれのメリット、デメリットを考えてみましょう。まず、大きな違いが自宅から通うか、合宿に泊まり込んで取得するかで変わります。自宅から通えば自分の都合で講習時間を選ぶことができるので、働きながら、学校に行きながら取得することが可能です。ただし、それなりに長い期間が必要になります。免許合宿の場合最短なら2週間程度で取得することができます。ただし、その期間拘束されてしまうので、ある程度時間の自由が利かなければいけません。どちらを選ぶかは時間が取れるかどうかになります。

料金の違いはどうでしょうか。教習所の場合平均してMT免許で30万円前後、AT免許で28万円前後です。免許合宿の場合は平均してMT免許が23万円前後、AT免許で20万円前後です。圧倒的に免許合宿の方が安く済みます。MT免許とはマニュアル・オートマチック車の両方が運転可能で、AT免許はオートマチック車しか運転できません。時間の融通が利き、料金を安く済ませたいならば免許合宿での取得でしょう。

免許合宿は名前のとおり、泊まり込んで免許を取得する方法です。現地集合が基本的なので、旅先で免許を取る感覚が楽しめます。最低でも2週間は同じ宿舎で寝泊まりするので、ほかにどんな参加者がいるのか不安に思われる方もいるかもしれません。しかし、最近では女性限定の免許合宿も開催されています。リゾート気分が味わえるものも多くあり、一緒に現地の空気を楽しみながら過ごすうちに仲良くなれるため、心配はいらないでしょう。

免許合宿で免許を取る

自動車免許保有者の割合は平成20年以降減少傾向にあります。しかし、自動車免許は男女を問わず、持っていて損はないものです。顔写真つきの身分証として使い勝手がよいうえ、就職するときはほぼ必須のアイテムです。持っていなければ営業職の場合は仕事にならず不利になることもあります。女性であれば、荷物の多い買い物や子どもの送り迎えなどに、車が使えないと不便ということもあります。今回は、女性の自動車免許の取得方法についてご紹介させて頂きます。

自動車免許の取得方法ですが、いくつあるかご存知ですか。免許の取り方には3つの方法があります。まず、1番オーソドックスな教習所で取得する方法。つぎに、宿舎に泊まり短期間で取得する方法。最後に、免許センターで直接試験を受けて取得する方法です。前の2つと後のひとつではかなり内容が異なり、前者は免許センターで学科試験に合格すれば取得できますが、後者は免許センターで直接技能試験を受けます。

初めて自動車免許の取得を考えた場合、教習所に通うか免許合宿に行くかどちらか選ぶのが一般的です。免許センターで直接試験を受けるのは、何かしらの事情で免許を失った人がほとんどです。運転技能の試験を直接受けるのですから、自動車の運転経験がないと受かるはずがないからです。基本的には教習所に通って取得するか、免許合宿に行って取得することになりますが、短期で取得したい方や、楽しみながら取得したい女性におすすめなのが、女性専用の免許合宿です。